季節の変わり目の肌トラブルって?敏感肌ならやっておきたいこと

敏感肌の方がお地位入りやすい肌トラブルと対処法をご紹介します。

 

【春の肌トラブル編】

 

気温変化がある春には、
吹き出物が多くなります。

 

冬の体調不良に加えて、
急激な気温変化によって
肌の新陳代謝が乱れます。

 

春の暖かさによって皮脂が
多く分泌されることもあり、
吹き出物が出るんですね。

 

また、ホルモンの乱れや
花粉によるアレルギーで
肌荒れも増えてきます。

 

Tゾーンといった
皮脂分泌が多い部分は、
しっかり洗いましょう。

 

カサつきが気になる部分には、
部分的に保湿ケアを行う等の
スキンケアも有効です。

 

体調管理もしっかりと行い、
春の肌を美しく保ちましょう。

 

【夏の肌トラブル編】

 

夏の肌には、
紫外線対策が重要です。

 

日焼け止め等による
肌の負担を抑えたい方は、
帽子や日傘を使いましょう。

 

さらに夏は皮脂の分泌量が増え、
メイクが崩れやすくなります。

 

肌の余分な皮脂が
酸化しやすい状態なので、
丁寧な洗顔がポイントです。

 

カラダの内と外から
ビタミンCを補うのも、
夏肌対策に効果的です。

 

また、エアコンによって
肌が乾燥することも多いので、
保湿も欠かさず行いましょう。

 

【秋の肌トラブル編】

 

秋は、夏の紫外線の影響や
急激な温度変化などによる
体調不良で肌荒れが増えます。

 

カラダの疲労感に加え、
シミやくすみが気になるのも
秋の肌トラブルの特徴です。

 

そんな秋には、
角質ケアと血行促進ケアで
ターンオーバーを正常に
保つよう心がけましょう。

 

さらに冬に備えて
肌のバリア機能を高めるため、
保湿も忘れずに行いましょう。

 

【冬の肌トラブル編】

 

冬は乾燥対策がポイント。

 

エアコンを20℃ほどに設定し、
温めた室内の平均湿度は20%。

 

ちなみに理想的な湿度は
60〜65%とされているので、
肌が乾燥してしまいます。

 

暖房が利いた室内では、
加湿器などを利用して
湿度を維持しましょう。

 

それでもチクチク感や
ツッパリを感じる時は、
肌が乾燥状態です。

 

乾燥状態を放置すると、
シワや吹き出物などの
肌荒れを悪化させます。

 

肌には十分に潤いを与え、
クリームを用いるなどして
肌の水分を保ちましょう。

 

また、こまめな水分補給で
内側から水分を維持すると、
効果的に乾燥を防げます。

 

 

最近では1年を通して、
肌がドライスキン状態
という方も増えています。

 

通年の肌ケアとして
保湿とUVケアを欠かさず行い、
ビタミンCやヒアルロン酸で
肌をいたわってあげましょう。