お肌がピリピリする原因は?敏感肌なら気を付けたいポイントは

化粧水などを付けて、肌がピリピリしてしまう原因を調べてみました。

 

敏感肌は、角質層が健やかでない状態です。

 

角質層が健康な場合は角質層が約20層程度あり、
ターンオーバーも正常です。

 

また、保水機能も正常なので
角質細胞が水分を十分に含み、潤いを維持できます。

 

さらに肌表面は皮脂膜が
潤いを蒸発させないよう、正常に働きます。

 

これら3つが整うことで、
健康的な肌になるんですね。

 

敏感肌は、角質細胞を結びつけるモノが
足りていない状態でもあります。

 

なので、角質細胞の間に
すき間ができてしまって、ピリピリが起こるんです。

 

つまり角質の厚みを作る、
肌ヂカラが足りないからピリピリするんですね。

 

このすき間を埋めるには、
細胞間脂質(セラミド)が活躍してくれます。

 

セラミドは角質同士を繋ぐ役割を果たしていて、
肌のバリア機能維持に欠かせない成分なんです。

 

敏感肌でピリピリを感じる際は、
セラミド配合の肌ケア化粧品を取り入れてみましょう。

 

また、セラミドが配合されたスキンケア化粧品を選ぶ時は、
皮膚のセラミドと同じ構成のセラミドを選んでみてください。

 

皮膚と同じ構成のセラミドは、バリア機能の回復効果も高く、
敏感肌に最適です。